×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



損害賠償の範囲

≪死亡の場合≫

【積極損害】
●医療関係費
 死亡するまでの入院治療費等

●葬儀関係費
 死体運搬費、棺桶代、葬儀費、火葬代等

●供養費
 初七日から百日忌までの読経・供物料等
  ※墓地購入費は原則として認められません。

●弁護士費用
 裁判所が認めた損害賠償額の1割程度

【消極損害】
●逸失利益
 事故にあわずに生存していれば得たであろう収入(生活費と中間利息を控除したも  
 の)。

【精神的損害】
●慰謝料
 死亡した人が一家の支柱であるか、主婦、その他の者であるかなどにより異なります。
また年齢、社会的地位も考慮されます。

≪ケガの場合≫

【積極損害】
●医療関係費
 入院費、治療費、通院交通費、付添い人費用、入院中の雑費

●後遺障害のある場合
 将来の介護料、将来の手術や義足・義歯・義眼代、家屋・自動車の改造費等

【消極損害】
●休業補償

●逸失利益(後遺障害がある場合)

【精神的損害】
●慰謝料


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらのフォームから


問い合わせ・相談・依頼フォームが苦手の方はこちらから

戻る
戻る


〒636−0021  奈良県北葛城郡王寺町畠田7−7−2
運営組織 竹田行政書士事務所 代表 行政書士 竹田 仁
TEL 0745‐72‐7061 TEL(直通) 090‐7352‐0559
FAX 020‐4669‐0237 MAIL takeda-11-zin@nifty.com



示談がまとまらないときは?