×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



医療費はどこまで認められるの?

≪入院・治療費≫

●交通事故によるケガの医療関係費

医療関係費は全額請求できますが、よく問題になるのは入院時の室料です。
※例外として重傷で近くの病院に搬送されたが空き部屋がなく、やむを得ず特別室に入
ったと言う場合は、認められるでしょう。

●入院中の雑費は定型化されている

入院中の雑費は裁判所で1日あたり1400円〜1600円に定型化されていますので領
収書がなくても1600円前後は認められます。

その反面、定型化されたということは、それを超える金額はみとめられないということで
あり、特に必要である理由を示さなければなりません。

※通院中の雑費は定型化できないので、領収書によって請求することになります。

●付添い人費用

医師の指示があれば、職業的看護人が付いたときは請求書の全額、近親者が付き添っ
た場合はその半額程度(5500円〜7000円)となります。
なお、重傷の場合は職業的看護人と共に家族等の付き添い(1日3000円〜4000円)
も認められます。

※通院でも、被害者が子供や老人の場合は家族等の付き添いも認められます。

●後遺症の介護料

重度の後遺障害で介護を必要とする場合は将来(平均余命)の介護費用が認められま


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらのフォームから


問い合わせ・相談・依頼フォームが苦手の方はこちらから

戻る
戻る


〒636−0021  奈良県北葛城郡王寺町畠田7−7−2
運営組織 竹田行政書士事務所 代表 行政書士 竹田 仁
TEL 0745‐72‐7061 TEL(直通) 090‐7352‐0559
FAX 020‐4669‐0237 MAIL takeda-11-zin@nifty.com



自賠責保険請求