×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



貸した車が事故、貸主の責任は?


クルマの貸し借りは誰にでもよくあることですが、気軽に貸したクルマで人身事故が起き
た場合は面倒なことになります。

この場合、クルマを貸した人は運行供用者として被害者に対し損害賠償責任を負いま
す。運行供用者とは聞きなれない用語ですが、クルマの運行を支配し、運行による利益
を得る者ということになります。もう少し分かりやすく言うと、クルマを使用する権限を持
ち、クルマを運行することが自分の利益となる者ということになります。運行供用者は、
直接自分が起こした事故でなくても賠償責任を負うことになります。

通常赤の他人にクルマを貸す人はいませんので、貸す相手は知人・友人であり、貸すの
も一時的なものです。ですので、貸主は知人・友人という信頼関係を通じて運行供用者と
しての地位を保っていると考えられるのです。

なお、貸主が被害者に賠償金を支払った場合は、借主に対して求償権がありますので
(民法715条3項)、支払った賠償金とクルマの修理費を全額請求できます。
※支払った賠償金が保険金から出ている場合は、借主には請求出来ません(損益相
殺)。保険金ではカバーできなかった損害額についてのみ求償権があります。



お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらのフォームから


問い合わせ・相談・依頼フォームが苦手の方はこちらから



 




戻る
戻る


〒636−0021  奈良県北葛城郡王寺町畠田7−7−2
運営組織 竹田行政書士事務所 代表 行政書士 竹田 仁
TEL 0745‐72‐7061 TEL(直通) 090‐7352‐0559
FAX 020‐4669‐0237 MAIL takeda-11-zin@nifty.com



内縁関係でも賠償金はもらえるの?